BUNGO(ブンゴ)22巻 ネタバレ☆静央VS富士ヶ丘、ついに完全決着!

漫画
出典:アマゾンアソシエイト

野球を知らない父親に買ってもらった右利き用のグローブを付けて、いつもたった1人で壁に向かってボールを投げていた文吾。
野田幸雄との出会いをキッカケに、静央シニアに入り、文吾の選手としての成長を描く王道野球漫画、『BUNGOーブンゴー』。
2020年3月19日に22巻が発売!
夏季関東大会4回戦、対富士ヶ丘戦もいよいよ終盤。
静央は、”怪物”河村を抑え勝利することが出来るのか•••⁉︎
『BUNGOーブンゴー』22巻の最新ネタバレ情報を余すことなくお届けします!

もしネタバレの前に絵付きで楽しみたい方は、U-NEXTならすぐに無料で読めますよ!

U-NEXTで31日間無料トライアル/

☆とってもカンタン☆

合わせて読みたい

『BUNGO』これまでのあらすじ

静央VS富士ヶ丘。
静央は1回の表に先制するも、その裏に早くも逆転を許します。
ですが3回、静央の4番、野田が場外2ランホームランで逆転します。
3対2、静央1点リードのまま迎える5回裏、河村に打席がまわります。
瑛太渾身のジャイロスライダーは、河村の前傾姿勢からの豪快なスイングで無情にもスタンドイン。
3ランホームランで5対3と逆転を許します。
その後はなんとか凌ぎ6回表、静央の攻撃に変わります。
ですが静央の攻撃は0点に抑えられ迎えた6回裏、ピッチャー交代のアナウンス。
ついに文吾がマウンドに!
与えられた投球練習で球が荒れ、6番7番バッターに2者連続フォアボール。
ですが続く8番9番バッターに、狙ってセンター方向にフライを打たせるという芸当を見せつけ2アウト、続いた1番の皆浦を三球三振でねじ伏せ、この回を0点に抑えます。
ついに迎えた最終7回表、バッターボックスには瑛太が入り、セーフティバントからの気迫のヘッドスライディングで出塁し、続く米村はレフト前ヒット。
そして尾野はセーフティバントでランナー2,3塁。
静央最後の攻撃はいかに・・・

『BUNGO』 22 巻のネタバレ

7回表、静央決死の攻撃

BUNGOーブンゴー22巻、第207話「自由奔放」引用

バットをぶん回し飛び跳ねながらバッターボックスに入る小野谷。
2球続けて豪快なフルスイングを見せますが2ストライクと追い込まれます。
しかし迎えた3球目、三遊間への痛烈な打球を放ち、ランナーは一斉に走り出し抜ければ逆転という場面!
ここで河村のファインプレーが飛び出します。
打ってもよし!守ってもよし!河村が強すぎる・・・(^_^;)
しかし、小野谷の俊足を前に河村は送球できず、サードランナーが返り静央は1点差へと詰め寄ります。
続くバッターは主将袴田、富士ヶ丘は前進守備で試合を決めにいきます。
ですが袴田は初球を捉え、最終7回での土壇場逆転タイムリー!
そして試合は静央1点リードのまま、7回裏を迎えます。

富士ヶ丘、最後の攻撃!

BUNGOーブンゴー22巻、第210話「怖ぇ」引用


7回裏、富士ヶ丘の攻撃。
マウンドに立つ文吾からもの凄い気迫が溢れ出します。
バッターボックスには碓井が入ります。
碓井はベースぎりぎりに構え、文吾はそれに対してインコースに全力でストレートを投げ込みます。
碓井は恐怖感で足が震えますが、「震えてんじゃねーぞ俺の体!!」と自ら足を殴り震えを止め、またしてもベースぎりぎりに構えます。
しかし、あっさりと2ストライクと追い込む文吾。
袴田は、”カーブであっさり打ち取れるぞ石浜”とカーブのサインを出しますが、文吾は首を振ります。
そして、真っ向勝負の全球内角攻めで空振り三振!
碓井は涙を流しながらベンチに戻っていきます。
そして続くバッターは河村。
ついにパーフェクトレコード同士の対決が始まります。

3.完全記録対決!

BUNGOーブンゴー22巻、第215話「負けたんだ」引用


ついに文吾と河村の戦いが始まります。
河村は打席に入るとすぐには構えず、文吾に話しかけます。
「君と僕は選ばれし者、僕らの間でしか通じ合えない・・・語り合えない領域がある!!」
こう話す河村に対し、文吾は審判のコール前にボールを投げ込みます。
その異様な光景に会場は騒然とし、文吾は河村に「早く構えろ・・・!!」と言い放ちます。
そして1球目、河村相手にも真っ向勝負のストレートで1ストライク!
文吾のストレートを見た河村は、「ど真ん中直球じゃない・・・石浜君の最大の武器はカーブだよ!」と、カーブを投げるよう要求しますが、
“無いだろ・・・お前と対話する必要も・・・お前の希望に応える理由も!!”と文吾は続けてストレートを投げ込みます。
それを、完璧に捉えながらも微調整の為にあえてファウルゾーンに打ち返す河村。
ストレートは完璧に捉えられ、カーブは河村の狙い球、会場中の誰もが河村の打つ姿しか浮かばないという雰囲気の中、一人笑う文吾。
やはりピンチの時こそ笑う文吾がカッコよすぎます(^^)
2ストライク、バッテリー有利のカウントになり会場が一気に盛り上がります。
そして3球目、投げる文吾の胸の張り方を見てカーブが来ると予想する河村。
しかし投げ出された球の軌道は真っ直ぐ、ど真ん中に来る単なる直球に落胆しふてくされる河村は“とりあえずこれをスタンドに放り込むから、延長戦でもっと遊ぼうね”とバットを振りに行きます。
”あまり・・・静央の1番を背負ってる選手を・・・瑛太を甘く見ない方が良い”
その球は単なるど真ん中に来る直球ではなく、ジャイロスライダー!
河村のバットは空を切り、足を滑らせベースの上に転がる河村。
ついに完全記録対決が完全決着!
7回裏2アウトランナー無し、富士ヶ丘を追い詰めた静央。
残るはアウト1つ!

4.静央のエース

BUNGOーブンゴー22巻、第216話「お前こそ」引用


河村をジャイロスライダーで抑えた文吾。
次のバッターを抑えれば静央の勝利!
カーブ、ジャイロスライダーであっという間に2ストライクと追い込む文吾。
“誰がどう見てもアイツだ!!石浜文吾が静央のエースだ!!”
その場にいる者立ちが、そして瑛太でさえもが文吾をエースと認め、最後の1球を投げ空振り、三球三振で抑え6対5、静央勝利で試合を締めくくりました。
会場中の大歓声の中、ガッツポーズする文吾が最高にカッコよかったです(^_^)

『BUNGO』 口コミ・評価

ついに決着がつきましたね!文吾がエースに相応しい!私もそう思います(^_^)

とても共感します(^^)カッコよすぎてほんとにニヤけちゃいます!!

小野谷最高でしたね!!

天真爛漫、自由奔放、変幻自在!!カッコよすぎます(>_<)

BUNGOを無料で読む方法!

今回は、BUNGO22巻ネタバレを紹介しました!

が…

やっぱり、絵と一緒に読んだ方が絶対面白いですよね!

U-NEXTの無料トライアルを利用したら、すぐに無料で読めます!(#^^#)

  • 登録後、600円分のポイント+差額で今すぐ読める!
  • もし、作品が600円以下なら完全無料で新刊が読める!
  • トライアル期間中、動画.雑誌.漫画.書籍の無料コンテンツ見放題!
  • 雑誌は最新刊70冊が常に読み放題!
  • 週刊少年マガジン.サンデーは2冊無料
  • 全ての作品がいつでも40%ポイント還元!
  • 31日以内に解約すると完全無料!

☆とってもカンタン☆

『BUNGO』 まとめ

ついに静央は”怪物”河村率いる富士ヶ丘シニアを下し、夏季関東大会4回戦突破!
完全記録同時の対決はまさに手に汗握る展開でした。
誰もが”静央のエースは文吾”だと認めたこの試合を機に、文吾はエースナンバーを背負うことになるのか?
次はどんな強敵が現れるのか?
今後の展開も目が離せません(^_^)

\登録で600円分のポイントがもらえる/

合わせて読みたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました