フクシマフィフティ(映画)感想・情報!キャストや監督の想い☆

情報
出典:アマゾンアソシエイト

映画だから語られる「真実」の物語。

Fukusima50、この言葉を作ったのは日本国外のメディアです。

東日本大震災と巨大津波、そして福島第一原子力発電所の原発事故がありました。

原発が爆発し、とうとう東京電力が避難を指示しますが、最後まで現地に残って原発を守ろうと作業を続けた約50人。

彼らの人数とフクシマという地名を合わせて日本国外メディアは彼らを讃えたのです。

日本では当時、Fukusima50の事は多くは語られませんでした。

ですが現場で何があったのか?その事実を知ろうと取材を続けた人がいました。

その人物こそが、映画「Fukusima50」の原作となるノンフィクション小説「死の淵を見た男~吉田昌郎と福島第一原発」の著者である門田隆将さんです。

当時の状況を忠実に再現した映像90名を超える関係者にインタビューをして描かれた原作からなる映画「Fukusima50」をご紹介します!

アマゾンオーディブルを無料体験しませんか?

今なら二か月無料体験!最初の1冊は無料!今すぐ聴こう♪

映画情報

  • 題 名 Fukushima 50(フクシマ・フィフティー)
  • 公開日 2020年3月6日木曜日(日本)
  • 監 督 若松節郎
  • 音 楽 岩代太郎
  • 原 作 死の淵を見た男~吉田昌郎と福島第一原発 (著者:門田隆将)

原作「死の淵を見た男」をU-NEXTで31日間無料トライアル♪

電子書籍・マンガ読むならU-NEXT!初回600円分無料 | U-NEXT
電子書籍読むなら<ユーネクスト>お得なキャンペーン実施中!漫画・小説など、多彩なジャンルの電子書籍コンテンツが、充実のラインナップ!あらゆるデバイスで楽しめる配信サービスです。

U-NEXTの無料トライアル登録はこちら!

小説「死の淵を見た男~吉田昌郎と福島第一原発」のネタバレ記事はこちら♪

『死の淵を見た男』ネタバレ・感想☆フクシマ50・原発を守った男たち

フクシマ50の監督・キャストたちとその想い

1. 佐藤浩市 (当直長 伊崎郁夫役)

2011年3月11日午後2時46分。

そう東日本大震災です。このとき太平洋沿岸には高さ10メートルと超える大津波が押し寄せ、福島第一原子力発電所を襲いました。

原作「死の淵を見た男~吉田昌郎と福島第一原発」では津波により電源を失ったことで、冷却機能をも失った1号機と2号機を、現場で必死に守ろうとしたのが中操の当直長である伊沢郁夫と部下たちでした。

映画では伊沢郁夫は名前を変え「伊崎利夫」として登場します。

フクシマ50の撮影時、事故現場の撮影は時系列に沿って行われました。佐藤さんは「あのリアリティは順撮りだからこそ…」と語ります。

実際に時系列で撮影が進んだからこそ、現場で演じる人たちの顔は日を追うごとに窶れていったのだと言います。佐藤さんも真っ暗な中、演じていた時に気が滅入ってしまったとインタビューで語っていました。

時系列での撮影に現場の忠実な再現。

だからこそフクシマ50は観たときに、実際に戦った人たちの当時の気持ちを私たちは想像することができるのです。

私たちの胸を掻き立てる“何か”がノンフィクション作品である「フクシマ50」と「死の淵を見た男」には詰まっているのだと思います。

https://www.cinemaniera.com/movie/35698

2 . 渡辺謙(所長 吉田昌郎役)

映画フクシマ50で唯一、実名で登場する吉田昌郎を演じるのはハリウッドでも活躍する渡辺謙さんです。

渡辺謙さんはあるインタビューで語りました。当事者としてこの映画と向き合って欲しい。未来と向き合うためのヒントにこの作品がなれば、この作品の価値があるなと思いますね。」と。

渡辺謙さんが演じる吉田昌郎さんは、当時メディアにも取り上げられました。

残念ながら食道がんで亡くなられましたが、原作である「死の淵を見た男」では生前、吉田さんにインタビューをしており、吉田さんは門田さんに語っています。

「門田さん、俺はなんにも隠すことはないんだ。後世に真実を残してくれ。なんでも話すから、なんでも聞いてくれ」「部下たちがすごかった。俺はなんにもしちゃいない。俺はただのオッサンだよ。部下たちがすごかったんだ」と。

ただのオッサン…そんなユーモアも持ち合わせ、真実を語ってくれた吉田昌郎さんの姿を見事に渡辺謙さんは演じています。

現場での緊迫した原子炉との戦いとは正反対の、緊対室での戦いもまた緊張感に溢れています!

緊対室で吉田所長は現場のために、東日本、そして日本を守るために東電本店と国(官邸)と戦うのです。

部下たちを思い、怒り、重たすぎる決断をしなければならなかった吉田所長の姿をぜひ、映画館で観て頂きたいのです。

そのうえで「死の淵を見た男」で語られる吉田昌郎さんの言葉を、東電本店や菅本首相の言葉を知って、向き合ってみると自分なりの答えが見えてくるのかもしれません。

3. 若松節郎(監督)

説得力を持たせるにはリアリティしかない。

その思いで、フクシマ50のメンバーが戦った現場を忠実に再現した若松監督。

そのリアリティこそが、映画を観る私たちに当時を思い起こさせる緊迫感を与えてくれます。

映画では「トモダチ作戦」が後半に描かれていますが、なんと日本映画初!米軍が撮影に協力してくれたのです。

リアルな「トモダチ作戦」の再現に米大使館の関係者が理解を示してくれて実現しました。

実際にアメリカ兵もエキストラで出演していますし、米軍ヘリも実際に飛ばして撮影されたシーンは迫力です‼

さらには総理を現地に運ぶために使われた自衛隊のヘリ“スーパーピューマ”が登場!

空焚き状態の原子炉を冷却するために空から放水するシーンでは、実際に作戦に参加した隊員が協力してくれており機体の装備も忠実に再現されているのです。

福島第一原発の1号機、3号機、4号機の水素爆発は私たちに大きな衝撃をもたらしました。

しかし、時間と共に当時の気持ちや感情は薄れていってしまいます。

それでも忘れてはいけない事はあります。

”フクシマ”という言葉が意味することを私たちは忘れてはいけないし、未来へと残していかなければなりません。

だからこそ当時、何が起こっていたのかを知ることは、今だからこそ意味があるのだと思います。

若松監督がインタビューで伝えたいと語られた「自然の驚異と原発の怖さ、人間の愚かさと強さ」原作でもしっかりと描かれています。

どちらも多くの方に目にして頂きたいと思います!

http://cinetri.jp/news/fukushima50_poster/

映画「フクシマ50」海外の反応

世界73か国での配給が決まっていますが、ついに!海外版の予告映像も解禁されたFukusima50!!

配給元からは「強烈なインパクトを持つ作品」「予告編を見た瞬間に心を鷲づかみにされた。この作品で描かれていることはまさに人々が見たかったこと」チェルノブイリに対するアンサームービー。あまりに壮大なドラマに期待が高まる」などの声が届いてきています!

当時から海外メディアは現地に残り作業を続けた人々を讃えていました。

ここで当時の海外メディアの反応をWikipediaより紹介したいと思います!

フランスの国際ニュース・チャンネルFrance24は彼らを”日本の顔が知れない英雄たち”と紹介した。イギリスの新聞ガーディアンは”ほかの原子力発電所に従事する者たちは、他の多くの人々と同様に、強い称賛を持って見ていることしかできない”と書いた。ドイツのニュースサイトは彼らの献身を四十七士にたとえている。中国語のニュースサイトは彼らを”福島50死士”と名付けた

ウィキペディア引用

これから海外でも配信されるフクシマ50を観た人たちがどのような感想を抱くのか、気になりますね。

同時に海外も強い興味を抱くこの作品を生み出した門田さんの「当時何が現場で起きていたのか?」という疑問から生み出された原作「死の淵を見た男」もまた多くの人に知ってもらえたらと思います。

『Fukushima 50』International Trailer

原作「死の淵を見た男~吉田昌郎と福島第一原発」

「死の淵を見た男~吉田昌郎と福島第一原発」は門田隆将著のノンフィクション作品です。

原発が是か非かを問うのではなく、当時何が起きていたのか?を知るために90名を超える関係者に話を聞き書かれています。

実際に菅元総理大臣など官邸の関係者や、東電の協力企業の人など幅広い関係者の声が描かれているのです。

一方向から見るのではなく、相手側の言葉もきちんと載せられています。

だからこそ、「死の淵を見た男」を読んだ一人ひとりが、自分なりの答えを見つけられるのではないかと私は思います。

当時批判された官邸や東電本店の対応に対する、当事者の言葉や現場で戦っていた、当時は名前も発表されなかった人たちの言葉が届けられています。

多くの日本人に読んで欲しい本が「死の淵を見た男」なのです。

同時に多くの日本人に観て欲しい映画が「フクシマ50」なのです。

興味の持たれた方はぜひ!手に取って福島第一原発で何が起きて、何を思い、現場の人間が戦ったのかを知ってください!

小説「死の淵を見た男~吉田昌郎と福島第一原発」のネタバレ記事はこちら♪

福島第一原発事故とその後

現在、福島第一原発はどうなっているのでしょうか?

廃炉作業は最長で40年かかるとされています。

残り30年で果たして終わるのでしょうか?

1号機には燃料プールに329本の核燃料が残され、2号機の燃料プールには615本、3号機には566本の核燃料が残されています。

4号機に残されていた核燃料はすべて別の建物に移動し終えて、今は1~3号機の核燃料を順次運び出している状況です。

そして最大の問題である燃料デブリ(メルトダウンを起こして格納容器の下に溶け落ちた核燃料)の取り出しという問題が残っています。

取り出したデブリをどのように処理して、どこに持っていくのか?デブリについて、国は取り出した後に分析を進めていくとしています。

少しずつ廃炉に向けて進んでいますが、いまだ3号機周辺の放射線量は高く、決めなければならない問題もたくさんあります。

しかし今も多くの人々が放射能汚染のなか、廃炉に向けて戦い続けているのです。

燃料デブリの取り出しは2022年から始まる予定です。原発事故はまだ終わっていないのです。

私たちが忘れてはいけない福島第一原発事故、事故は人間の自然に対する驕りがありました。

ですが命すら危ない状況の中で人間たちの強さもあったのです。

当時、命を賭して原発を守ろうとした人々は“死の淵”を見ました。

映画だから語れる真実が”フクシマ50”にはあります。

そして小説だから語ることができる事実が「死の淵を見た男」にはあるのです!

アマゾンオーディブルを無料体験しませんか?

今なら二か月無料体験!最初の1冊は無料!今すぐ聴こう♪

原作「死の淵を見た男」をU-NEXTで31日間無料トライアル♪

\U-NEXTで31日間無料トライアル/

電子書籍・マンガ読むならU-NEXT!初回600円分無料 | U-NEXT
電子書籍読むなら<ユーネクスト>お得なキャンペーン実施中!漫画・小説など、多彩なジャンルの電子書籍コンテンツが、充実のラインナップ!あらゆるデバイスで楽しめる配信サービスです。

U-NEXTの無料トライアル登録はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました