ランウェイで笑って(14巻)ネタバレ・感想!これが私の歩く道!

漫画
出典:Amazon

ファッション業界の漫画はよくあるかもしれませんが、この漫画「ランウェイでわらって」 一人はショーモデル、一人はトップデザイナーを目指す物語です。

今回は、主人公の一人 藤戸千雪 がトップモデルになっていく様、14巻での活躍をネタバレありでお話ししちゃいます(^^♪

これから夢に向かって頑張る方や夢を諦めている人に勇気を与えてくれる作品です♪

まだ読んでいない人や、気になっている方に楽しんでもらいやすい作品なので、最後までお楽しみください(‘ω’)ノ

\U-NEXTで31日間無料トライアル/

電子書籍・マンガ読むならU-NEXT!初回600円分無料 | U-NEXT
電子書籍読むなら<ユーネクスト>お得なキャンペーン実施中!漫画・小説など、多彩なジャンルの電子書籍コンテンツが、充実のラインナップ!あらゆるデバイスで楽しめる配信サービスです。

U-NEXTの無料トライアル登録はこちら!

「ランウェイでわらって 」作品情報

  • 作品名 「ランウェイでわらって」
  • 著者   緒ノ谷 言葉
  • 文庫   171ページ
  • 出版社  講談社
  • 初出版  2020年1月17日

著者紹介

TVアニメ「ランウェイで笑って」公式サイト
「週刊少年マガジン」にて好評連載中、猪ノ谷言葉によるトップモデルとデザイナーを目指す青春群像劇『ランウェイで笑って』が2020年1月にTVアニメ化決定!

漫画「ランウェイで笑って」2018年漫画大賞ノミネート作品。

調べてみるとそんなに緒ノ谷さんの情報は出てこないんンですが!!

注目が集まっているからこそアニメ化もされている、今後に期待です(´艸`*)

「ランウェイでわらって 」これまでのあらすじ

出典;コミック ナタリー   藤戸千雪

この物語は 藤戸 千雪 パリコレモデルを目指す女の子。

だが身長が低いという問題があった。

高校三年生の時点で158㎝しかなかった。

事務所の社長でもある父に、身長が低いことでパリコレには無理だと言われ、口論になり、クビになる。

一方、トップデザイナーを夢見る少年 都村 育人 は、プロのデザイナーである柳田 一 のもと、なんとか高校に通いながらも、お手伝いをさせてもらえることになった。

クビになった千雪は、パパの事務所ミルネージュにオーディションを受けなおしにに行きます♪

再度、受けたオーディションで、憧れのモデル雫からパリコレのモデルは身長的にもありえないと言われる。

出典:アル  雫と千雪

 

「千雪…無理なの」

1巻 p32

雫から出た言葉、深く傷つく、そして自身を奮い立たせたはずなのに、

この言葉と同じことを育人に言ってしまった、…自身が言われた言葉と重った、

「無理なんじゃないの」

1巻 p32

千雪はその言葉を発したことに後悔をする。

パリコレモデルを諦めろと周りから言われていた千雪。

育人に諦めろと言ってしまった。。

だが千雪は、諦めたわけではない‼︎

「 もう着なくなった わたしの服 全部 あげるから わたしが一番魅力的に着れる服つくって

出典:ヤフーニュース   育人

育人にお願いして、千雪は、育人がつくってくれた衣装でもう一度ミルネージュのオーディションを受ける。

その服は、とても素晴らしく、憧れのモデル雫にこう言わせた。

   世界を 見てしまった

p51

雫には千雪の可能性を1%感じた。

やっと念願の契約をもらったのです。

お互いがあきらめたくはないからこそ、気持の波動が高めあったり、支えあったりできるのかもしれませんね(´艸`*)

「ランウェイでわらって 」14巻のネタバレ

出典;購談社 コミックスプラス

このバックをてるみにみせたい!!

  • ‟Terumi Keji” 通称 照美(てるみ)。有名な大物スタイリスト。 ‟Terumi Keji”がコーディネートするTGCスペシャルコレクション
  • 美依(みい)ブランド名 アポロでスタイリストとして務める。アポロを売り出す戦略考える。

育人は、実物のバック製作が難航してコレクションに間に合わないかもしれない。

コレクションでブランドを売ることを任された美依は、アプロ(ブランド名)を売るためにてるみに相談をもちかけるが、怒らせてしまう…

出典:気になる漫画情報  美衣

誰に相談しても解決しない、

てるみと繋がっている人を調べていたところ千雪を思い出した。

所属事務所のミルネージュをネットで調べたが、時間が遅かったのもあり諦めた…

その時、偶然、美依の目にはいったネットニュース 【悲報】藤戸千雪 ランウェイで転ぶ

そのニュースの記事にある動画を再生した時、

美依が作った靴が柳田のコレクションに使われていたことを知る。

出典:アニメイトタイムズ  柳田一

このことを知った美依は柳田一のコレクションということで、一に連絡をとる、

そうすると、育人が千雪の連絡先を知っていると聞いて育人へと連絡が来た‼︎

そして、靴やバックをつくれる美依のお手伝いの甲斐あって、バックは完成!!

バックは千雪に託されました。

千雪は指定されたコーデをくずして、まるでバックのためのコーデでオーディションに望んだ!!

いつか、育人と共に一緒に仕事をしたいと思う気持ちが伝わってくる1つの場面ですよね(*’ω’*)

バックを渡したら…その結果⁉

もう、ここでこのバックをプレゼンするしか、アプロを紹介するしかないわけです‼︎

全部アプロのアイテムにしてくれませんか?

p12

この一言で、スタイリストの醍醐味である自身のセンスで組み合わせること、スタイリストの誇りを奪ったとして美依はてるみを怒らせてしまいます。

そのせいでアポロ自体がコレクションに出るのが難しくなったが、育人との出会いにより、アポロをプレゼンする場所ができた‼︎

そのバックをプレゼンできる絶好のチャンスは、このTGCスペシャルコレクション!!!!!

このバックの 中にはメッセージが、

多分、千雪が書きました^^

「このバッグは流行る! そしたら 発信源は Terumi Kaji!!!!」

しかし、このバックはコレクションには、このままだと使えないと言われます。

なぜか?

そのバックは、たしかに優れものだが、

  「せめて3段階」「4段階」「5段階」

  スタイルの変わるバックを…

美依はスタイリストして、気づいた。

そして、今回それがコレクションに使われない理由でしょう。

次回予告にも、育人が奮闘するような言葉や描かれています♪

どんなバックが出来上がるのか楽しみですね(*´ω`)

3 コレクションのFLが決まる!!

  • FLとは、ファーストルックの略です。ショーで一番最初に登場するモデルのことをいいます。ちなみに最後に登場するモデルをラストルックといいます。

再び、呼び戻された千雪とセイラはテルミのコーデを身にまとい、2人同時にウォーキングする審査が始まった。

セイラは日本のモデルの中で実力から知名度、人気がとてもあり売れっ子のモデルさん。

出典:ぜろあに  セイラ

それぞれがどう思って、何を理解してウォーキングしたのか。

セイラはコンセプトは「トラッドスタイル」これを重視した。

  厚手のコートのまっすぐな シュルエットが綺麗だから

  裾がなびかないように歩いた

  そうしたら 袖だけゆらっとなびくでしょ?

p146

一方、千雪は…

  

  この服を着た時に太陽がみえました。

p148

  

   そっか…わたしは ‟パリの学生”なんだって

p149

テルミは千雪が感性で歩いたことに驚きました。

出典:アマゾン テルミ

FLとは、ファースト

感覚は育てるものではないですよね、持って生まれたものだから♪

また、それを表現できる千雪に背中を押された気がします(´・ω・)

4コレクションのFLに選ばれた理由!!


テルミからコレクションのFL千雪だと伝えられる。

 普通のデザイナーなら100億%セイラを選ぶ デザイナーが用意したコンセプトをモデルが変えるなんて有り得ないし 服への理解もセイラの方が正しい   ただ 今日は何度 この子に圧倒されたか

p158・p159

千雪がみせた「パリの学生」は今後、世界に名を知れ渡すかもしれないと思わせるほどで。

圧倒される、圧倒させるというのは互いにいつもプラスですね(´・ω・)

  今日みたいに 自分の考えを 自分の感性をもっと発信させなさい

  あなた自身の価値を高めるの

p168

  ショーモデルに…じゃなくて

  ‟ChiyukiFujito”に着てもらうことに価値を生み出しなさい

そう、てるみから言われた、千雪。

着ている人によって価値が変わるんですね♪

それはとても人間を表しているともいえるかと思います(´▽`*)

「ランウェイでわらって」14巻のTwitter☆感想

確かに、表紙の時点でテンション上がりますよね♪

実はわたしもその一人です|д゚)

実はあの時のコレクションで使われていたという…あの靴が♪

後からでも、わたしが作ったわけでなくとも嬉しいです(*^^)v

人と人とがつながっているからこそおこる、ありえる

素敵です、つながりを大切にしている美依ちゃんだからこそ♪(>_<)

そうなんです、もう待ちきれないんです♪

こっから!!ってことろなので早く千雪の次なる感性を

のぞいてみたい!!(´▽`*)

漫画「ランウェイでわらって」14巻のまとめ

・千雪は育人といっしょに仕事をすることを目指している

育人は美依のおかげでバックを完成させる

・千雪はテルミのコレクションにFLとして抜擢

千雪に対する評価と育人が仕上げたバックの評価が直接的に伝わったわけではないけれど、いつかという日に2人が発信するものが1つみえた、そうゆう1冊だったと思います(^^ゞ

\U-NEXTで31日間無料トライアル/

電子書籍・マンガ読むならU-NEXT!初回600円分無料 | U-NEXT
電子書籍読むなら<ユーネクスト>お得なキャンペーン実施中!漫画・小説など、多彩なジャンルの電子書籍コンテンツが、充実のラインナップ!あらゆるデバイスで楽しめる配信サービスです。

U-NEXTの無料トライアル登録はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました