やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学 要約・感想

はてな

毎年お正月に「今年の目標」決めるという人は多いと思いますが、みなさんは、その目標、達成できてますか?

以前は私も、年の始めに一年の目標とか決めて手帳に書いたりしていたんですけど、

日々の生活が始まると、すぐに最初の決意は薄れていき・・

半年もすると、手帳に書いた「目標」を見て見ぬふりをするようになり・・

その年の年末には、目標達成どころか、目標自体を忘れているという・・。

毎年毎年そんな状態だったので、「自分は才能がないんだな・・。」とあきらめモードになってしまって、最近では目標をたてることさえしなくなっていました。

そんなとき、友人からすすめられて読んだのがこの「やり抜く人の9つの習慣」です。

この本を読んで、私が今まで目標を達成できなかった理由を知ることができました。

私が目標達成できなかった理由・・それは、やり抜く能力がないのではなく、方法が間違っていたからだったのです。

そして、正しい方法を理解した私は、「どうせ自分はできないよ・・」というあきらめモードを抜け出して、少しづつですが、行動できるようになりました。

この本は、やるべきことがシンプルにまとめられています。

あまり本を読まない人だけでなく、本は読むけど行動に移せないというタイプの人にもオススメです。

読めば行動したくなること間違いなしです!あなたも今度こそ「目標達成」しませんか?

やり抜く人の9つの習慣】 購入ページ!U-NEXTなら31日間無料体験ができる!!↓

作品・作者紹介

『やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学』/ディスカヴァー・トゥエンティワン/ 2017年刊行

ハイディ・グラント・ハルバーソン (著) 林田レジリ浩文 (翻訳)

ハーバードビジネスレビュー誌で最多閲覧数を記録されたという著書のブログ記事

多くの心理学者の数々の実験や自身の研究によって証明された「心理学的に正しい目標達成の方法」をまとめたもの

これらの話題の記事に加筆して作られたのが、この『やり抜く人の9つの習慣』です。

著者のハイディ・グラント・ハルバーソンは社会心理学者で、コロンビア大学モチベーション・サイエンス・センターの副所長です。モチベーションと目標達成の分野の第一人者です。

代表作は

  • 『やってのける』(大和書房)
  • 『やる気が上がる8つのスイッチ』( ディスカヴァー・トゥエンティワン )
  • 『だれもわかってくれない あなたはなぜ誤解されるのか』(早川書房)

などの著書があります。

↓ 『やる気が上がる8つのスイッチ』( ディスカヴァー・トゥエンティワン )

↓『やってのける』(大和書房)

↓『だれもわかってくれない あなたはなぜ誤解されるのか』(早川書房)

「やり抜く人の9つの習慣」今すぐ行動したい人にオススメ

引用元https://pixabay.com/ja/

この本の最大の特徴は「実際の行動に落とし込むために」書かれた本ということです。

実をいうと私は、以前から本書と似たようなタイトルの自己啓発書をいろいろと読んでいたのですが、こういう本って、たいてい著者の成功体験や、「実践して人生変わりました」という人々の体験談がたくさん載っていませんか?

体験談は面白いし、説得力もあるので、それらを読むのは大切だと思います。

しかし、自分の場合は成功実例を読むと、まだ何もやってないのに、自分も一緒に成し遂げた気になって満足してしまうので、逆効果でした(>_<)

「感動したなあ。あーいい読書したわー」で終わり、みたいな。

「で?私これからなにするんだっけ?」みたいな (笑)

しかし!この「やり抜く人の9つの習慣」にはそんな心配はありません。

この本には、成功に必要な思考や行動パターンのエッセンスだけが書かれています。やるべきことが、シンプルに具体的に書いてあるので、「何やればいいんだっけ?」ということがありません。

また、一つの方法が有効であるということをいうために著者が挙げるのは、「体験談」ではなく「実験結果」です。この本には、心理学の実験の結果、確かに有効であるという数字がでた方法だけが紹介されています。

そこに情緒や根性論が入る余地はないし、「私は~だからできない」という言い訳が入る余地もありません。

あ、数字でちゃんと結果がでてるんだ。それなら実験的に私もやってみようかな、とすぐに行動に移す気になるのです。

「やり抜く人の9つの習慣」 成功する人の共通点とは

引用元https://pixabay.com/ja/

この本ではタイトル通り、成功者に共通している9つの思考法・行動パターンが紹介されているのですが、それらをまとめると、この2つに集約されるのではないか、と思います。

常に「具体的な」目標や行動計画をたてている

成功する人は、常に明確で具体性のある目標や行動計画を作っています。

そして、予想される障害や、目標までの距離についても具体的に把握しているんですね。

私たちは、目標というと「もうちょっとやせる」とか、「英語が話せるようになる」といったぼんやりしたものを考えがちですし、そこに至るまでの道のりについても具体的には考えていないですよね。でもそれでは、いつまでたっても目標達成はできません。

本書では、

  • 明確な目標を作るための思考法
  • 行動計画のたて方
  • 予想される障害への対処法
  • やる気の持続させ方

などがわかりやすく説明されているので、すぐに行動に移せると思います。

きちんとした目標が定まらないと何もできないので、まずはここからレッツ・トライですよ!

現実的な楽観主義者である

私はこれが、著者が一番伝えたいことではないかと考えているのですが・・

現実的な楽観主義者とは、

「成功できると信じている。

同時に、成功は簡単には手に入らないと考えて、努力をおこたらない。」

人のことです。

つまり、常に自分の能力を冷静に判断しているということですね。自分の力を信じているけれど、過信もしていないというか。そのため、目標達成に向けて足が地についた努力ができるのです。

著者、 ハイディ・グラント・ハルバーソン は、

「信じていれば願いはかなう」的ふわふわしたポジティブ思考ははっきり否定しています。

ちょっと耳が痛い内容ですよね・・。「うわー厳しいー。私には無理かもー。」と思った人もいるかもしれませんが、大丈夫です、安心してください。誰でも現実的な楽観主義者となれるような、簡単で具体的な方法がきっちり説明されています。できるところから少しづつ取り入れていきましょう!

「やり抜く人の9つの習慣」 最強ツール「if-thenプランニング」

引用元https://pixabay.com/ja/

さて、成功するために必要な思考法や行動パターンを実行するために、まずは何をすればいいのででしょうか?この本で「目標達成の切り札」として紹介されているのが、if-thenプランニングです。

if-thenプランニングの基本形は

「もし(if)、Xだったら、(then) Yをする。」

・・これだけです。

例えば、「運動を習慣化したい」という目標を持つ人は、

もし、月曜日、水曜日、金曜日になったら、

仕事の前に1時間ジムで汗を流す。

という形で行動計画を立てます。

このように「XならY」という形で、いつ、何をやるかを事前に決めておくと、実行できる確率が2倍から3倍も高くなるそうです。ほかにもいろいろな場面でif-thenプランニングは使えるので、シンプルですが本当に強力なツールですよ。

何からやればいいのか迷ったら、まず小さくてもいいので具体的な目標を作り、if-thenプランニングに落とし込んで実践してみるのがオススメです。これで何か1つ達成できると、大きな自信になるのではないでしょうか?

「やり抜く人の9つの習慣」 達成できない目標などない

引用元https://pixabay.com/ja/

この本を読んで得たものはたくさんありますが、一番よかったのは、

目標達成に向き不向きはない

と信じられるようになったことです。

もちろん達成するのは簡単ではなく、努力が必要なのですが、それが分かったうえで、「自分にはやれる力」があると思えるようになりました。

達成できない目標などないー私は、心理学者としてのこれまでの研究から、そう信じています。

力強く断言してくれる作者の言葉を信じて、これからも少しづつ頑張りたいなと思っています。

「やり抜く人の9つの習慣」 作品の評価・口コミ

↑ほんと、読んだ後モチベーションあがりますよね。すぐ行動したくなるし、できるんですよー!

↑いやーこれ、私も次取り組もうと思っているやつで・・。すごいですね。禁酒できてるんですね。

↑そう、私も一番刺さったフレーズです。非現実的楽観主義はもう卒業したいです・・。

「やり抜く人の9つの習慣」 まとめ

引用元https://pixabay.com/ja/

この本は、正しい目標達成法だけが、コンパクトなページ数に詰まっているので、アメリカの読者の間では「お宝本」として話題を呼んだそうです。

「達成したい目標」があるなら、読んでおいて損のない本だと思います。

ぜひ手に取って、みなさんの目標を達成させてください!↓

【やり抜く人の9つの習慣】 購入ページ!U-NEXTなら31日間無料体験ができる!!↓

ハイディ・グラント・ハルバーソン の他の作品もぜひ読んでみてくださいね。

↓ 『やる気が上がる8つのスイッチ』( ディスカヴァー・トゥエンティワン )

↓『やってのける』(大和書房)

↓ 『だれもわかってくれない あなたはなぜ誤解されるのか』(早川書房)

コメント

タイトルとURLをコピーしました