傭兵団の料理番 あらすじ・感想☆魅力あるキャラクターが盛り沢山

漫画
出典:アマゾンアソシエイト


もはや、いちジャンルと化した異世界系の物語ですが、そのどれもが魔法や冒険、恋愛ものといったものが多く、ちょっと飽きてきませんか?

特に最近は傾向が似ている作品が多いので、内容に「読み慣れ」感が出てきてしまうのではないでしょうか。

今回はそんな物語たちとは少々異色を放つ「傭兵団の料理番」についてお話ししたいと思います(´∀`)

彼らの活躍を一端でも紹介でき、興味を持っていただけたら嬉しいです。

『傭兵団の料理番』 購入ページ!U-NEXTで31日無料体験☆↓

電子書籍・マンガ読むならU-NEXT!初回600円分無料 | U-NEXT
電子書籍読むなら<ユーネクスト>お得なキャンペーン実施中!漫画・小説など、多彩なジャンルの電子書籍コンテンツが、充実のラインナップ!あらゆるデバイスで楽しめる配信サービスです。

U-NEXTの無料トライアル登録はこちら!

『傭兵団の料理番』作品紹介

  • 文庫: 440ページ
  • 出版社: 主婦の友社 (2019/10/31)
  • 発売日: 2019/10/31

著者紹介

著者である川井 昴さんは実はこの作品が初出なんだそうです。元となってる(なろうサイト)ではブックマーク数五桁を超えて出すという大人気ぶりなので、その才能はかくやというところでしょう!

『傭兵団の料理番』あらすじ

主人公、東 朱里(アズマ シュリ)は突如として異世界へ落ちてしまいます。落ちた先で出会ったガングレイブ傭兵団に拾われた朱里ことシュリは、行く先々でその努力と才能の結晶である料理を振る舞っていきました。まさかそれが、後の天下統一を果たすほど名を轟くこととなるガングレイブ傭兵団の始まりになるとは知らずに……。

ヒーロー文庫引用

主人公・東朱里

『傭兵団の料理番』戦国乱世の異世界へ

ある日、突然異世界へ落ちてしまったシュリですが、落ちた世界はなんと戦国乱世真っ只中。
それも傭兵団の中にぽんと出てしまったのですからさあ大変!( ;´Д`)
不審者として捕らえられてしまいます。

ですが、丁度料理をできる人を探していた彼らでもあったので、シュリはまさしく救世主でもありました。
なんとかそのまま雑用兼料理番として雇ってもらうことに成功したシュリは、もとが天然なのか周りを色々と振り回していきます。
振り回す相手は傭兵団の仲間……だけでおさまればよかったんですがね……( ̄▽ ̄;)

はたしてシュリは戦国乱世を生き抜くことができるのでしょうか?

『傭兵団の料理番』ガングレイブ傭兵団とその仲間達

シュリが身を寄せたガングレイブ傭兵団は、元々はストリート・チルドレンだったガングレイブとその仲間達がおこした傭兵団です。
それが

  • アーリウス
  • クウガ
  • テグ
  • リル
  • カグヤ
  • アサギ
  • オルトロス

の七人です。

それぞれの得意を駆使して回していた傭兵団に、シュリが加わったことで個々の能力や気持ちに変化が表れます。

実はこの中にいるキャラクター、書籍化では三人も増えているのです!


こうした違いがあると、ウェブ版から楽しんでいた人も「どうせ同じ内容だから」とならないのが憎いところです(笑)

『傭兵団の料理番』主人公の料理はアイデア満載?

例えば、いつ戦争が起きるか分からないのに、 肉を加工してひき肉にするなど、手間暇かけられません。

必然的に質素なものが多くなります。


そんな中で、異世界でシュリが作る料理の数々は、それまでガンブレイク傭兵団が食べてきた料理の概念を覆していきます。

  • カツサンド
  • ポトフ
  • 麻婆豆腐
  • 玉子酒

など、飯テロが止まりません!(#^^#)

彼の知識や地球での常識は、異世界のものたちにとっては目から鱗な内容が多いです(≧▽≦)
料理を通じて教えてもらう物事を知るうちに、ガングレイブ傭兵団は高みへと目指していきます。

特にその成長著しいのがリル。

彼女は異世界独特の技術である魔工を駆使する技術者ですが、シュリの言葉からある開発 をします。
その結果、彼女の才能は花開くことに。その様子に目を離すことができなくなります

Twitter引用

リル

『傭兵団の料理番』一つの料理に視点が二つある物語

一つのテーマを掘り下げる為に、前後編として話を書くことはよくありますが、これもその類になります。
主人公であるシュリの視点と、異世界に元々住んでいる現地人ならではの視点。
同じ料理なのに受ける印象はガラリと変化します。

その時、考えていたキャラクターの思考を読めると思うと、不思議なもので、ついつい読んでしまうんです。
特にシュリの考えと傭兵団の皆の考えにズレがあるとクスっと笑います(^^)

個人的にはオルトロスとシュリの絡みが一押しです。

いかつい見た目に合わない趣味を持つオルトロスと、職場を渡った経験から、様々な人間と関わってきたシュリ。
話の終着点も綺麗にはまっており、読み終わった後の読了感はたまりません。

『傭兵団の料理番』異世界でシュリはどうするのか

突然、異世界へ落ちたシュリですが、戻る方法があるのかどうか、それはまだ分かりません。
まして、時は戦国時代、平和な現代を生きてきたシュリには持ち合わせていない覚悟を求められます。

シュリは地球へ戻れるのか、また、戻れるとしたら戻るのか。
今後の決断に目が離せません。

『傭兵団の料理番』の評判・口コミ

異世界あるあるな才能ではない部分に惹かれて読んでみたり、実際に料理をしてみたり……といった具合に、この本の楽しみ方は様々なようです。
特に最新刊に近づくにつれ、次巻が楽しみになるような後引くものとなっています。
読まずにはいられません!(^^)

『傭兵団の料理番』まとめ

シュリとガングレイブ傭兵団の出会い、そしてシュリの料理とその影響は計り知れないものがあります。
その力は世界を巻き込むほど大きなもの、とまでは言いませんが、少なからず影響がありました。

なにせ、シュリの料理や知識を得ていった傭兵団は実力を伸ばし、爆進していくのです!

その影響とはどんなものだったのか。

シュリの料理番生活はどうなっていくのか。
それは読んでからのお楽しみにしてみてください。

『傭兵団の料理番』 購入ページ!U-NEXTで31日無料体験☆↓

電子書籍・マンガ読むならU-NEXT!初回600円分無料 | U-NEXT
電子書籍読むなら<ユーネクスト>お得なキャンペーン実施中!漫画・小説など、多彩なジャンルの電子書籍コンテンツが、充実のラインナップ!あらゆるデバイスで楽しめる配信サービスです。

U-NEXTの無料トライアル登録はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました