一切なりゆき 要約・感想!樹木希林の心に残る名言5選をご紹介!

エッセイ

75歳という若さでこの世を旅立たれた女優の「樹木希林」さん。

彼女が築き上げた人生の中で、さまざな言葉・名言が残されています。

その数々の名言の解説などが描かれたものが「一切なりゆき」です。

ただの名言集では、ありません。

「樹木希林」の考え方や人生観がたっぷり詰め込まれた作品です(^-^)

読み終えたら色々な事を考えさせられる、深くて・ためになる一冊だと思います!

『一切なりゆき』購入ページ!U-NEXTで31日間無料体験↓

U-NEXTの無料トライアル登録はこちら!

「一切なりゆき」 作品紹介

  • 発売日:  2019年01月05日頃
  • 著者/編集:   樹木希林
  • レーベル:  文春新書
  • 出版社:  文藝春秋
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  216p

「一切なりゆき」 著者紹介

著者  樹木希林(キキキリン)

1943年東京都生まれ。女優活動当初の名義は悠木千帆、後に樹木希林と改名。文学座附属演劇研究所に入所後、テレビドラマ『七人の孫』で森繁久彌に才能を見出される。61歳で乳がんにかかり、70歳の時に全身がんであることを公表した。夫はロックミュージシャンの内田裕也、長女にエッセイストの内田也哉子、娘婿に俳優の本木雅弘がいる。2018年9月15日に逝去、享年75

「BOOK」データベースより

「一切なりゆき」のあらすじ

文藝春秋より引用
  • 生きること
  • 家族のこと
  • 病のこと、カラダのこと
  • 仕事のこと
  • 女のこと、男のこと
  • 出演作品のこと

大きく6つに分けて本が成り立っています。

この6つのテーマの中に一文の名言が20~30綴られています。

・生きること

『人生なんて思い描いた通りにならなくて当たり前』

いつも「人生上出来だわ」と思っていて物事が上手くいかないときには「自分が未熟だったのよ」でおしまい。

このように彼女の人生観が観ることができます。

・家族のこと

『お互いに中毒なんです。主人は私に、私は主人に』

主人はなかなか出会えるような人ではありません。向こうもこれだけ、へこたれない女はいないって。お互いに中毒なんです。だから別れられないんです。

「中毒」って言葉はあまりいい意味じゃないはずだけど、この文章で使われると「愛」満載の中毒に聞こえるので気持ちがいいですね♡

・病のこと・カラダのこと

『それは辛いわね、わかるわよ。私なんか全身がんだもの』

内田がね、ここ最近「体調が悪い」ってうるさいの。でも私が「それは辛いわねえ、わかるわよ。私なんか全身がんだもの」っていうとピタって黙るんです。そんな効果もあるのよ。

病気の事をユーモアに使いこなしてますよね、あっぱれです((+_+))

・仕事のこと

「みなさんがおやりにならないのなら、やらせていただきます」

昔は役者にとって舞台が一番、映画やラジオに出るのは二流、テレビは三流の役者の仕事。だからCMなんて論外。そういう風潮だったんですね。でも私はあまのじゃくだから、みなさんがおやりにならないのなら、やらせていただきますっといった感じで引き受けたんです。色々周りから言われたけど、やってみたら私の性に合ってたんです。

このCMって某フイルムのかな?

でもこれで彼女が有名になっていくきっかけになったのかな(^-^)

・女のこと、男のこと

「いくら化粧しても、ひっぱっても縫い縮めてもバレますからね」

吉永小百合さんと逢って本当に良い年の重ね方としているなあと思いました。やはり女性でも、顔はその人の人生を表すものですしー。別居している夫の口癖が「女優の末路は哀れだぞ」でしてね。そういう意味ではあなたは珍しい女優だと私は思います。

吉永小百合さんは永遠の少女っていうぐらい老けないイメージが強いですね(^_-)-☆

「一切なりゆき」の名言5選!

西武総合チャンネルより引用
  • 『絶対こうでなければならないという鉄則はない』
  • 『家のテレビなんて、いまだにブラウン管です』
  • 『人は死ぬと実感できれば、しっかり生きられる』
  • 『主人はとっても、人を生かすことができる人間なんです』
  • 『病というものを駄目として、健康であることをいいとするだけならこんなつまらない人生はないだろう』

「一切なりゆき」の中から勝手に私好みで5個抜粋してみました(^-^)

どれも心に響きますね☆

『家のテレビなんて、いまだにブラウン管です』の解説を少ししますね(^^)/

私は古くなった靴下やシャツなどは掃除道具として、利用し最後まで使い切ります。家のテレビなんていまだにブラウン管です。人間もそれと同じ。十分生きて自分を使い切ったと思えることが人間冥利につきるってことなんじゃないでしょうか。

このように感じたのは病気になって命の限りを認識したからだそうです。

深いですよね(+_+)

健康でこのような意識を持てるようになるにはどのようにしたらいいのでしょか・・・。

まずは、この本を読んで意識改革ですね!!

「樹木希林」の人生の生き様

朝日新聞デジタルより引用

「樹木希林」さんは色々なことに執着しない人でした。そして、人が集中するところには興味がわかなかったそうです。ご自身では「あまのじゃくだから」と言われてますが、私からみたら

  • 人に流されない
  • 個性的で魅力的
  • シャイ♡

など良い意味に感じられます♡

でも人と違うことをすれば、それなりのリスクも伴いますよね。

でもそのリスクを笑いながらポジティブにすり抜けていく人生を送られましたよね☆

やはりすごい方です(^^)/

「一切なりゆき」の口コミ・評価

この本を読んだ人の心に響くのは、それぞれ違う言葉だけど必ず響く言葉ばかりが描かれている本ですね(*´ω`*)

生前も偉大な方でしたが、今現在も人々の心を鷲掴みにするなんて偉大な方すぎる!!

「一切なりゆき」のまとめ

映画.comより引用

この本はご本にが描かれたものではありませんが、「樹木希林」の今までの名言を編集者が誰の心にも届き、響き渡るように編集されたものでしょう。

「樹木希林」という女・妻・母親・女優としての顔が垣間見えてた一冊ですね。

そして、彼女の人生観で私たちに勇気・元気をくれる一冊でした。

ぜひこの本を読んでポジティブな人生を!(^^)!

『一切なりゆき』購入ページ!U-NEXTで31日間無料体験↓

U-NEXTの無料トライアル登録はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました