幸せになる勇気  要約・感想☆ アドラー心理学の結末とは

ビジネス

「嫌われる勇気」の続編「幸せになる勇気」を紹介します。

アドラー心理学初心者向けの2部作とされており、「嫌われる勇気」の復習を含みながら幸せになる勇気をつかむための考え方を主人公の青年とともに紐解いていきます。

 「嫌われ勇気」を読んで気持ちは切り替わったけど、なかなか行動に移せない人やアドラーの心理学で自分を変えたいと思っている方必見の一冊です。

電子書籍・マンガ読むならU-NEXT!初回600円分無料 | U-NEXT
電子書籍読むなら<ユーネクスト>お得なキャンペーン実施中!漫画・小説など、多彩なジャンルの電子書籍コンテンツが、充実のラインナップ!あらゆるデバイスで楽しめる配信サービスです。

  U-NEXTの無料トライアル登録はこちら!

読むことで明日から、いや今すぐに考え方が180度変わるでしょう。

幸せになる勇気  あらすじ

3年前青年は哲人から「嫌われる勇気」を通じてアドラー心理学を学びました。

承認欲求を捨て自らの意志で人生を歩もうと親の期待に応えて就いた職業を辞職し、教員の道へと進みます。教員としてアドラー心理学を用いて生徒を指導してきました。

その方法とは「叱らない、褒めない」アドラー心理学を信じ、それを徹底してきたものの、一方で学級は崩壊。

自分の無力さを感じるとともに、「アドラー心理学の通り生きたら失敗した」と哲人に罵倒するところから物語は始まります。

アドラー心理学を「信じる」とは何か?教育の現場で次世代に伝えるべきこととは一体?この本では対人関係で悩むすべての人に向けた人間関係の結論が記されています。

幸せになる勇気  読むべき人は?

パクタソ引用

自分を変えたいと思っている人へ

今の自分から変わりたい、新たな自分として明るい一歩を踏み出したいと考えている人にお勧めします。

アドラーは「自分は変われる。相手のことを変えられるかは相手の問題」としています。

相手に変わってほしいと願うのであれば、まずは自分から変わってみましょう。

「与えよ、さらば与えられん」です。

過去や今の自分から脱却したいと考えているあなたへ、その新たな一歩を踏み出す「幸せになる勇気」をもつ方法を教えてくれます。

対人関係で悩んでいる人へ

アドラーは

全ての悩みは対人関係

だとしています。

例えば世界に自分ひとりしか存在しなかった場合、「孤独」という概念は存在しないのです。

「孤独」を感じるのは人類としての人間がそもそも「協力し合う集合体」であることが起源とされています。

集団として群れをなし、協力することで生きてきた人間だからこそ「孤独」に怯え、「孤独」を避けるのです。

そのため、すべての悩みは対人関係からくるものだとアドラーは提唱しています。

しかし、こうも言えます。

すべての幸福は対人関係

悩みを抱えるのも対人関係であるのと同様、それで幸福を感じるのも対人関係なのです。

対人関係で悩むのではなく、対人関係を通して自分の幸福を追求しませんか?

この本は悩みを幸福へと導くアドラー心理学を学ぶことができます。

教育に携わる人へ

教育に携わるすべての人にお勧めいたします。

主人公の青年は教員という立場での苦悩を哲人にぶつけます。

学級のまとめ方や生徒への指導の仕方など教師であれば誰しも悩むことだと思います。

「幸せになる勇気」では7~8割教育を通して書かれています。

教育に携わるすべての方へ、そして次世代に期待するすべての方へ向けられた一冊です。

パクタソ引用

恋愛に悩んでいる人へ

アドラーは「運命の人などいない」「恋は落ちるものではない」と提唱しています。

では結婚に対してどのように「運命」を感じたのか?夫婦としての愛や人間愛を「幸せになる勇気」では終盤で語り始めます。

愛による幸福獲得方法が完結に述べられていますので最後までしっかり読みましょう(^^)/

押さえて読むべき! ポイント

パクタソ引用

苦手な人の興味ある事柄に興味を持ってみよう

まずアドラー心理学では「相手のことを尊敬することから始めよ」と説いています。

ここでいう尊敬とは一般的な敬意をはらう、敬うという意味ではなく

その人の存在を認めること

その人がその人のらしく成長発展していけるよう、気づかうことなのです。

否定せず、強要もせずありのままのその人らしさ受け入れることこそ尊敬としています。

尊敬するためには相手の尊厳を守りつつ、関心を寄せることが初めの一歩です。

苦手な人でも、その人が関心を抱いていることに興味をもち同じように体感してみるのです。

関心を寄せることが大切だということは十分に分かりましたが、関心を寄せるとは具体的に何をすればよいのでしょうか?

この本では、相手を尊敬するための関心の寄せ方について分かりやすく説いています。

かわいそうな自分からの脱却方法

目の前に角柱があるとします。

正面からみると2つの面が見えるはずです。

対人関係に悩んでいるときはこの2つの面で物事を捉えていると考えられています。

1つは「かわいそうなわたし」です。

悩んでいる自分を少しでも肯定しようとあえて弱い立場に身を置き、被害者扱いするのです。

もう1つの面は「悪いあの人」です。

加害者を作ることで自分の正当性を他者に認めてもらおうとしてしまうからです。

たしかに私も人間関係で悩んだときは「〇〇に嫌な事された」と「~された」と受動態で話しがちになってしまい、被害者意識をもって話していしまいがちです。

ただ幸せになる勇気を持つためにはこの2つの面ばかりに目を向けていてはいけないと哲人は青年に言うのです。

正面から見えていない3つ目の面に心を傾けるべきだと。その3つ目の面とは一体…?

この本を読むことで対人関係に悩んだとき何に重きを置いて物事を捉えればいいか理解することができます。

普通であることは個性

悪いことをして叱られている生徒。

好成績を残し褒められている優等生。

他人と一切関わることをしない一匹オオカミ。

教育の現場で目にしたことがあったり、実際自分が学生の頃にクラスに1人ないし2人はいたりしたのではないでしょうか?

アドラーの心理学では叱ったり褒めたりすることによって競争が生まれるとしています。

この競争には必ず勝者敗者が存在し、切磋琢磨するというより蹴落としあいになってしまいます。競争とは縦の人間関係を作り上げる要因になってしまうのです。

そこでアドラーは競争せずに皆が幸せに生きていく社会を提唱しています。

競争しない幸せを築ける社会とは何でしょうか?

中盤で学級というコミュニティを例にその社会を説明しています。

この幸せな社会はいとも簡単に築くことができますが、行動に移すことは非常に難しいのです。まずはあなたがその第一走者になりませんか?

幸福は対人関係から成り立つ

全ての悩みは対人関係であると同時に、裏をかえせば「すべての幸福は対人関係」だと言えます。

幸せになる勇気をもって対人関係を軸に幸福の道をえらびませんか?

自分を主語にして主観的な人生を送っていてはいつまでたっても「かわいそうなわたし」から抜け出せません。

嫌われる勇気でも紹介された課題の分離を用いて、対人関係の呪縛から解放されましょう。

開放的になったとき、自分ばかりの視点ではなく大切な相手のことも気遣えるようになります。

本の最後には真骨頂となるアドラー心理学の結末「幸せになる勇気」の結論が展開されます。

ギブアンドテイクで幸せになる勇気を

「幸せになる勇気」が持てたら大切な人にその勇気を分けてあげましょう。

この本を読むと、あなたは前向きで晴れた道を歩むことができると思います(^^♪

そしたら次はあなたが身近な人にその勇気や愛を分けてあげるのです。

これこそがアドラーが求めている社会であり人間のあるべき姿です!

ツイッター・世間の声

やはり読者は「嫌われる勇気」も読んでいる人が多いようです。

また、一度だけでなく何度も読み返すことでより深く理解することができるようですね(^^)/

関連作品  嫌われる勇気

「幸せになる勇気」「嫌われる勇気」の続編です。

もっと詳しくアドラー心理学について知りたいひとはぜひ「嫌われる勇気」もよんでみてください。

U-NEXTで配信されています(^^)/

アマゾン出典

「嫌われる勇気 1巻」の動画視聴・あらすじ | U-NEXT
「嫌われる勇気 1巻」を今すぐ視聴できます。みどころ・あらすじも併せて確認。DVDをレンタルせずに高画質な動画をみませんか?

幸せになる勇気を掴もう

パクタソ引用

「幸せになる勇気」は対人関係に悩む方や、教育従事者、恋愛に悩む方へ向けた一冊で、アドラーの心理学を用いてより明るい未来を作ることができます。

この本を読んで「幸せになる勇気」をもつ方が1人でも増えることを願っています!(^^)!

アマゾン出典

「嫌われる勇気 1巻」の動画視聴・あらすじ | U-NEXT
「嫌われる勇気 1巻」を今すぐ視聴できます。みどころ・あらすじも併せて確認。DVDをレンタルせずに高画質な動画をみませんか?

アマゾン出典

電子書籍・マンガ読むならU-NEXT!初回600円分無料 | U-NEXT
電子書籍読むなら<ユーネクスト>お得なキャンペーン実施中!漫画・小説など、多彩なジャンルの電子書籍コンテンツが、充実のラインナップ!あらゆるデバイスで楽しめる配信サービスです。

U-NEXTの無料トライアル登録はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました