さよならローズガーデン あらすじ・感想☆百合漫画の世界観をご紹介

漫画

さよならローズガーデンは毒田ペパ子先生による日本の漫画です。

pixivコミック内『MAGxiv』にて2018年7月9日より連載されていて現在は完結しています。

待望のコミックス化では連載時から50ページ以上も加筆され見応えのある作品となっています。

1900年のイギリスが舞台となっており貴族令嬢アリス・ダグラスと彼女に仕えることになった日本人のメイド・九條華子による秘密の恋物語です。

さよならローズガーデン購入ページ!U-NEXTで31日無料体験☆↓

電子書籍・マンガ読むならU-NEXT!初回600円分無料 | U-NEXT
電子書籍読むなら<ユーネクスト>お得なキャンペーン実施中!漫画・小説など、多彩なジャンルの電子書籍コンテンツが、充実のラインナップ!あらゆるデバイスで楽しめる配信サービスです。

U-NEXTの無料トライアル登録はこちら!

作者紹介

作者の毒田ペパ子先生は女性漫画家です。

少年マンガや少女マンガなど幅広く活動されています。

  • 代表作
  • あの夏で待ってる作画 [原作:I*Chi*Ka]
  • あまてる!
  • バンドリ!ガールズバンドパーティーRoselia Stage 漫画
  • 出版社 マッグガーデン
  • 掲載誌 MAGxiv
  • レーベル ブレイドコミックス
  • 発表期間 2018/7/9~2019/1/13
  • 巻数 全3巻

あらすじ

憧れの作家ヴィクター・フランクスに会うため、九条華子は一人イギリスを訪れていた。

出版社に何度も足を運び直接ヴィクターに会えないかと懇願するが、素性を明かさない彼に会うことは叶わなかった。

拠り所のない彼女をメイドに雇ったアリスだが、彼女にはある思惑があった。

「私を殺して」

アリスの切なくも悲しい願いに華子は戸惑いを隠せず---

引用元 MAGCOMI

貴族令嬢アリスと日本人メイドの華子

令嬢とメイド、在り来りな漫画の設定だと漫画やアニメに詳しい方だと思われるかもしれません。

私自身そう思っていたのですが、読んでみて全く違いました。

貴族令嬢と言えば華やかな社交界、パーティーなどをイメージ出来ますが、当のアリスは違います。

聡明で知的な彼女は家柄を誇らしく思いつつ疎ましくも感じていたと思います。

華やかな世界に身を置きつつも日々孤独を感じ生きていました。

華子は日本で教師をしていました。

尊敬する作家、ヴィクターに会いたいという一心で日本からイギリスへ単身海を渡ります。

現代とは違い、女性が1人で海外へ旅に出るのは相当勇気と書くが必要だったのではないかと思います。私だったら絶対無理ですもん。

勇気を出して前に進むことで今の自分を変えたかったんじゃないかと思います。

ヴィクターに会う手掛かりもつかめず途方に暮れているところをアリスに拾われます。

それはのちに運命となる出会いでした。

・2人が出会った場所は1900年イギリス

パクタソ引用

現代より同性愛に対する差別や偏見が激しく、作中でも描かれていますが、作家のオスカー・ワイルドが男色の罪で捕まり獄中死しています。

他者と違う者は生きづらい時代だったのです。

そんな時代に出会ったアリスと華子。

それが運命だとしても彼女たちは罪を背負うことになってしまったのです。

時代に囚われなかった2人の生き方

イギリスでは同性愛が罪になると聞き、華子はまっすぐな瞳で

それの何が悪いんです?
人を愛しただけでしょう?

と答えます。

過去に家庭教師の女性を愛したアリス、罪の意識に苛まれながらも足掻いています。

真っ直ぐで太陽のような存在の華子にアリスは惹かれていきます。

華子の言葉に自分は許されているのだと…

そんな2人をアリスの婚約者が疑いの目を向けていきます。

・切なく愛らしい恋物語

引用元 百合ナビ

アリスと華子がお互いを必要とし大切に思い合っているのが痛いほど伝わります。

相手にはこうあってほしいなどの欲はなく、ただありのままでいてほしいと願っています。

華子のくるくる変わる表情やアリスの華子を見つめる表情がとても可愛らしく微笑ましいです。

ですが現代とは違い同性愛が許さることはなく、華子はアリスの母や婚約者によってアリスから離されていきます。

・ここが魅力!作者のこだわりが溢れる背景や衣服

パクタソ引用

さよならローズガーデンというだけあり薔薇が沢山描かれています。

他にも、英国貴族の館、アンティーク、ドレス…どれもとても細かく丁寧に描き込まれていて作者のこだわりがよくわかります。

特にメイド服が素晴らしいです!

細かいレースも丁寧に描かれていてエプロンドレスの広がりやシワにもこだわりを感じます。

キャラクターの表情も回を増すごとに深みを増し華子の瞳が言葉より豊かに心情を語っていて本当に素晴らしいです。

百合漫画を読みたい人にオススメ!

私は普段たまに百合漫画を読むだけなのですが、この作品を読んでもっと百合の世界を知りたくなりました。

私のように興味があるという方にも入りやすいお話ではないでしょうか。

1900年のイギリスというまた現代とは違った世界観が私は興味を惹かれました。

Twitterでの口コミや評価

コミックスは全3巻で現在は完結しています。

物語としては寂しい気もしますが単行本を集めやすいですね。

作者の毒田ペパ子先生が3巻のあとがきでいつか続編を書きたいとおっしゃっていたので楽しみです。

Twitterでの反応を見ると、やはり3巻で完結したことを寂しく思われている方が結構いました。

普段百合漫画を読まれない方も購入されていましたね。

表紙が綺麗で気に入って購入された方もいました。

さよならローズガーデンの朗読劇があったそうで書店で特集をくまれていたそうです。

サイン会の開催もあったそうで行きたかったです…

コミックス最終巻が発売され盛り上がっている印象を受けました。

まとめ

引用元 pixivコミック

最終巻を読み涙もろい私は泣いてしまいました。

どんなラストだったのかはこれから読まれる方のために言えないのですが、個人的には良かったです。私の中の華子が救われました。

シリアスな物語ではありますが、主人公の華子が明るく元気な女性で彼女の言動に癒されます。

最終話だけど続きが読みたいと思いました。

毒田ペパ子先生にの次回作も楽しみです。

さよならローズガーデン、ぜひ皆さんにも読んでいただきたい一冊です。

さよならローズガーデン購入ページ!U-NEXTで31日無料体験☆↓

電子書籍・マンガ読むならU-NEXT!初回600円分無料 | U-NEXT
電子書籍読むなら<ユーネクスト>お得なキャンペーン実施中!漫画・小説など、多彩なジャンルの電子書籍コンテンツが、充実のラインナップ!あらゆるデバイスで楽しめる配信サービスです。

U-NEXTの無料トライアル登録はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました