奴隷のしつけ方 要約 感想☆とても面白い、一風変わったビジネス書

はてな
出典:アマゾンアソシエイト

古代ローマの貴族、マルクス・シドニウス・ファルクスは、時空を越え、現代の学者ジェリー・トナーに、自らの奴隷管理教本の監修と解説を命じました…。

奴隷なくして成り立たない、古代ローマ社会。

しかし、実は主人も意外と大変でした。

「素直で優秀な奴隷を持つ主人」と「反抗的で無能な奴隷を持つ主人」。

もちろん、もとより奴隷も大変です。

「寛大な主人のもとで働く奴隷」と「非情な主人のもとで働く奴隷」。

ほかにもたくさんの主従関係が見えてきます。

いらっしゃいませ。「現代とつながった」古代ローマの世界へ。

奴隷のしつけ方購入ページ!U-NEXTなら31日間無料体験ができる!!↓

\U-NEXTで31日間無料トライアル/

電子書籍・マンガ読むならU-NEXT!初回600円分無料 | U-NEXT
電子書籍読むなら<ユーネクスト>お得なキャンペーン実施中!漫画・小説など、多彩なジャンルの電子書籍コンテンツが、充実のラインナップ!あらゆるデバイスで楽しめる配信サービスです。

U-NEXTの無料トライアル登録はこちら!

奴隷のしつけ方【作品紹介】

この本は、古代ローマ貴族であるマルクス・シドニウス・ファルクスという架空の人物が、当時の価値観において、「奴隷を使う際の注意点、心構え」の教科書として執筆したもの―、という態で書かれています。奴隷というと、現代人にはきつい言葉に聞こえますが、古代ローマにおいて奴隷は当然の存在で、その是非を問う声など、全く存在しなかったのです。

そもそも、奴隷とは言いますが、あくまで人間ではあります。それぞれ特性があり、得意なことがあったり苦手なことがあったり、従順だったり反抗的だったりずる賢かったり、様々な者がいました。それを使用する奴隷所有者は、それ相応の苦労があったのです。

 人間同士であるという点が変わらない以上、例えば現代社会における経営者と労働者、上司と部下の関係においても、大いに考えさせられるものがあります。

 上司がむかつく、部下が使えない、と悩んでいる方。遠い古代ローマ時代に思いを馳せ、「奴隷のしつけ方」「奴隷の生き方」を学んでみませんか。

奴隷のしつけ方 【作者紹介】

「マルクス・シドニウス・ファルクス」

古代ローマ貴族ですが、架空の人物となっています。

「ジェリー・トナー」

この世界、現代の実在の学者です。この本の真の作者といえるでしょう。

奴隷のしつけ方【奴隷を扱う「主人」とは何者か】

ローマ貴族にとって、奴隷とは現代でいう家電製品のようなものでした。生活の質を向上させるためのものでもあり、また、他者に対してひけらかしたい、という欲望を満たすためのものでもあったのです。ゆえに、主人とは「所有する者」を指しました。

あなたはどちらですか、また、どちらになりたいでしょうか?

奴隷のしつけ方 【奴隷はどうやって手に入れる?】

奴隷を売買している場所があります。そこで金銭を払って手に入れるのですが、面白いことに、良い奴隷を手に入れるにはそこで買うとよい、そこで買ってはいけない、という、奴隷売買場所ごとの評判があったようです。

奴隷は、戦争捕虜、女奴隷が産んだ子、またはさまざまな事情で一般市民が奴隷に身を落とした者などが該当します。

基本的に、奴隷は高い買い物です。健康な成人男性奴隷は、家族四人が二年暮らせるほどの値段がします。ただし、奴隷の年齢が上がると、特殊な技能を持っていない限り、何割か値段は下がります。

現代の労働市場と比べて通ずる部分がありますね。
会社の人事担当者が求人をするとき、どうやっていい人材を見つけるか、また安く雇えるか。
就活者が就職活動をするとき、どうやっていい会社を見つけるか、また高い給料をもらえるか。
仕事をする以上、ほとんどの人に関係することではないでしょうか。

奴隷のしつけ方 【奴隷は劣等なのか】

奴隷も人間です。中にはやたらと頭が回り、弁舌の立つ者も多数います。主人を理屈で言い負かす者もいるでしょう。

人格においても、主人が高潔で、奴隷が低俗であるということが、常に絶対的に正しいとはいえないことは明白です。裕福な主人であっても、実質的に色欲や飽食の奴隷となっている者はたくさんいます。

どれだけ教育を受けることができるか否か、という環境から比較して、やはり奴隷のほうが人格や知識を身につけられる場面は少ないことから、絶対数としては下劣な奴隷の方が多くいたのは事実です。ただし、奴隷とはあくまで立場のことであり、必ずしも劣等な人格を指すものではなかったのです。

奴隷という立場は理不尽なものですね。しかし、現代でも人格によらず、立場によって理不尽な目に遭わされる人は多いのではないでしょうか。

奴隷のしつけ方 【奴隷の罰する際に気をつけること】

奴隷を働かせるには、力ずくで動かすしかない場面もあります。慈悲深く接することで、奴隷がやる気を起こしてくれることを願う主人も、それだけではうまくいかないことを知ることになるでしょう。

ただし、理不尽であってはいけません。主人にとって、最も損をするのは、奴隷に逃亡されることです。高い金を払い、仕事を覚えさせた奴隷に、リスクを冒してでも逃亡しようとまで追い詰めてしまうのは、賢い主人のやり方とは言えないでしょう。

現代の離職率の高い、従業員が定着しない職場における悩みに、よく似ていますね。

奴隷のしつけ方 【拷問は必要?】

奴隷を尋問するにあたっては、拷問は必須とされています。卑しい身分の奴隷は、拷問によってしか真実を語らないと考えられていたからです。

とはいえ、実際には奴隷は苦痛から逃れるために、その場しのぎの嘘をつくこともあります。それでも、拷問は正統な尋問の手法として認められています。それに異をとなえる者もいませんでした。

既に成立し、定着した社会的慣習は、それを変える権限を持つ者の利益にならない以上、あえて誰も変えることがないということがうかがい知れます。

力を持つ者の身勝手なルールで苦しめられている人…現代でも多くいるのでは。

奴隷のしつけ方 【奴隷の反抗に注意しろ】

奴隷は、逃亡や自殺といった方向ではなく、積極的に主人に反抗してくることがあります。

古代ローマ時代から、「奴隷の数だけ敵がいる」という格言があったそうです。奴隷ひとりひとりの力は知れたものですが、もし、奴隷の中に組織的な犯行を企てる者がいて、しかもそれに同調するものが多数でてきたら。実際に、大規模な奴隷の組織的反抗が生じたことがありました。

まれにではありますが、このようなことにも注意を払わなければなりません。

普通の人は、好き好んで争いをしようとは思わないでしょうが…戦わねばならない場面が生じてしまうのも、人の世のむなしさでしょうか。

奴隷のしつけ方 【奴隷を解放するということ】

人格が高潔で、働きぶりが勤勉な者は、主人の権限で解放してやることもありました。これは、完全に主人の主観で判断してよいものでした。

この前例により、奴隷としては深く主人に気に入られることで、解放の可能性が生じるという希望を持つことができました。

比率的にはごくわずかでしたが、解放された奴隷の中には、その後自らの努力により、主人をしのぐほどの財を成した者もいたようです。

力のある者に気に入られる、嫌われるということは、人生を大きく左右することもあるのですね。

奴隷のしつけ方【口コミ・作品の評価】

奴隷のしつけ方 【まとめ】

http://www.ohtabooks.com/common/img/books/slaves_a4.jpg

こうして眺めてみると、これだけ時代を下った現代社会において、明確に奴隷という名はついていなくとも、実質的にそんなに遠くない扱いの者がたくさんいるのではないか、ということに気付きませんか。

人間というものは、どれだけ時間が経過しても、本質的なところはほとんど変わらないのではないか―。

「現代とつながった」古代ローマの世界を見て、ふと、わが身をふり返る何かがあれば、それは、あなたやあなたの親しい人が、奴隷を使う・奴隷から抜け出すヒントになるかもしれません。

奴隷のしつけ方購入ページ!U-NEXTなら31日間無料体験ができる!!

\U-NEXTで31日間無料トライアル/

電子書籍・マンガ読むならU-NEXT!初回600円分無料 | U-NEXT
電子書籍読むなら<ユーネクスト>お得なキャンペーン実施中!漫画・小説など、多彩なジャンルの電子書籍コンテンツが、充実のラインナップ!あらゆるデバイスで楽しめる配信サービスです。

U-NEXTの無料トライアル登録はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました